アヴァトレード・ジャパンでFX取引に挑戦

アヴァトレード・ジャパンはその名の通り、海外トレーディング業者の日本向けFXサービスです。一見国内業者かと思うような、わかりやすい日本語のサイトを持っているので、海外の業者、そして英語に不安を持っていた方も安心して利用することができます。日本語でのFAQが充実しているだけでなく、メールでの問い合わせやライブチャットももちろん日本語でOKです。

 

また、使用できるフリーのトレーディングツールが多いのもアヴァトレード・ジャパンの特長。約定力信用実績も十分で、通貨ペアの数も非常に多く取り揃えているため、アドバンストレーダーも満足できるサービスといえるでしょう。

「ミラートレーダー」で楽々自動取引

いまやFXの主流になりつつあるといっても過言ではない自動取引。時間のない方でも取引チャンスを逃さないというだけでなく、その時々の気分に左右されるあまり、損切りのタイミングを逃しやすい裁量トレードに比べてリスクが低いともいわれています。

 

アヴァトレード・ジャパンでは、自分でプログラムを作成することができなくても、シグナルを選ぶだけで自動取引が開始できる「ミラートレーダー」を採用。複数のシグナルを組み合わせれば、1つのプラットフォームで、損失を分散する「ポートフォリオ」を作成することができ、リスク管理もしやすくなります。

 

トレードツールのスタンダード「メタトレーダー4」も使える

大人気のトレードツール「メタトレーダー4」ももちろん使えます。メタトレーダー4も数多くの自動売買プログラム「EA」が配布されており、プログラミングができる方なら1から作成することも、それから配布されているものに手を加えることもできます。

 

また、メタトレーダー4はチャートソフトとしての実力も十分。お好きなインジケーターをダウンロードして表示するだけで、自分用にカスタマイズされたチャート画面で取引が可能です。

オリジナルツールの「Avaトレーダー」

AvaトレーダーでもAPIライブラリ利用で自動取引を行なうことができます。Avaトレーダーのメリットはなんといってもその信頼性と安定性。できるだけリアルタイムで取引したいと考えているトレーダーの利用が多いことからも、信頼度の高さは伺えます。また、アヴァトレード・ジャパンのオリジナルというだけあって、どの通貨ペアでも取引ok。トレーダーには利益の一覧表も提供され、もちろん24時間いつでも取引できるので、自動取引とあわせて、トレーダーも無休でトレードを行なうことができるようになっているのです。

 

利用しやすい通貨単位

FXを取引する場合の通貨単位といえば、1万通貨、10万通貨が主流でした。けれどもアヴァトレード・ジャパンなら、手頃な1000通貨単位。要するに、日本円で米ドルを購入するなら、1000ドルから取引できるのです。これなら、資金面で敷居が高いと感じていた方も、気軽にFXに挑戦できるのではないでしょうか。

 

業者選びの重要ポイント「スプレッド」

まず「スプレッド」について簡単にご説明しましょう。スプレッドとは、通貨を売った場合と買った場合に出る差額のこと。この差額がどうして出るかといえば、それが業者の利益になるからです。つまりスプレッドは、業者にとっては利益、こちらにとっては支出となり、実質的には「手数料」と考えることもできます。

 

スプレッドがなければ業者は経営していくことができませんが、トレーダーとしてはできるだけ支出はおさえたいというのが正直なところです。その点アヴァトレード・ジャパンのスプレッドは原則固定で業界でも最狭レベル。損益管理もしやすくなっています。

 

持っているだけで利益が出る「スワップポイント」の秘密

頻繁に売買を繰り返すだけがFXの魅力ではありません。2つの国の間での「金利差」である「スワップポイント」は、ポジションを保持するだけで毎日収入として付与されます。アヴァトレード・ジャパンはソシエテジェネラル信託銀行と信託保全の契約を行なっているので、万が一アヴァトレード・ジャパンが破綻したときでも、保持しているポジションは全額保証されますから安心。日本の金融機関で預金するよりずっと多くの利益が期待できます。

 

>>アヴァトレード・ジャパンの公式サイトへ進む



このページの先頭へ戻る